看板の改善で売上が3倍に!新規の顧客を掴む繁盛看板

東京・神奈川の看板制作

お店が見えていない!?
景色になってしまう店舗が潰れていく

東京・神奈川の看板制作

景色に埋もれてしまう看板たち

 

1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%
約50%の店舗が2年以内に閉店する理由は歩行者に見えていない事が原因です

多くの人は看板を「景色」して見てしまうため、たとえお店があったとしても認識していない場合がほとんどです。

中国繁華街の写真を例としてあげましたが、多くの歩行者は「お店」としては認識せず「街並み」という形で見てしまいます。看板とは街並みの中で気づくきっかけを作るものになります。

スマホが普及し、スマホでお店を探す時代になりましたが新規来店の一番のきっかけは「お店を見て気になったから」と歩行者の割合が40%を超えています。普段通る道にあるという理由のためリピーターにもなりやすく、店回りでの集客をしっかりすれば新規顧客の耐えず、リピーターも増え続ける右肩上がりのお店となります。

 

こんな看板は危険!!
「見えない看板」とは?

ほとんどの店が一番予算をかける看板が最も意味がない

店を作る際に一番力を入れ、予算をかける看板があります。そこで格好良さを演出するのですが実は最も意味がありません。それは店構えの上にある看板です。

横を向きながら上を見上げて歩く人は皆無と言っていいでしょう。これが景色になってしまう原因のひとつです。

看板があり何の店か理解してもらうには20〜30m先から「何かある」と認識してもらう事が必要です。さらに10m、5mまで近づいた時に「もっと近づいてよく見てみよう」思わせる工夫とデザインが必要となります。

そのような事を加味しながら、直接店舗に赴き現地調査を行い、必要な看板を検討し、設置方法から集客方法までご提案するのが「繁盛看板」のメリットです。

お客様はノラ猫!?

入りたいけど怖い・・・
お店回りは警戒心を和らげる工夫とは?

お客様というのは、失礼ながらノラ猫のように警戒心が強く「入ってみたい」という気持ちが警戒心の強さで折れてしまう場合がほとんどです。ノラ猫に餌をあげたことのある方ならわかるかと思いますが、顔を見ながら手に乗せた餌をあげても近寄ろうとしても食べる事はありません。むしろ餌だけ取ろうとしてひっかかれたりします。

ノラ猫に餌をあげるには、まずは触りたいという欲望を捨て餌を自分のそばに置き、顔を見ないようにする事です。そうすることで猫が持つパーソナルゾーンを縮め警戒心を解いていきます。これはお客様にもまったく同じ事がいえます。

お客様にとって「この距離まで近づいたら入らなきゃならないとならない」と警戒するゾーンがあります。その付近で宣伝をしても入るというきっかけが掴めないのです。そこから若干離れた所、または気にならないゾーンで入るための決断をする物が必要です。

集客のストーリを作る

カッコいい・雰囲気があるだけのデザインでは集客ににはつながりません。

認識→興味→欲求→決断→行動というストーリーを作るのが看板本来の役割です。

この技術は店舗を経営する皆様が長年修練を重ねてお店を出したように、一朝一夕で身につくものではありません。そして看板屋さんも同様に、看板の制作・施工のプロであっても集客のプロではありません。そのため私たちのようなコピーライター・マーケティングに強いデザイナー・コンサルティング業が成り立つのです。

現地調査とお店の味・雰囲気から
理想の集客法を導き出します

看板・チラシ・ホームページ制作などすべて可能な当社だからできる
多角的な提案と、破格のコンサルティング

デザイン制作

当社の成り立ちはコンサルティングという業務から入ったわけではなく、デザイン制作が主な生業になります。飲食店を始め不動産・整体院・ネイルサロンなど大小含め200店以上の店舗で2000点以上のデザイン制作をしてきました。そのためチラシ・ポスター・看板・ホームページ制作など根幹の部分を多業者に委ねる事ないため破格のコンサルティングを行う事が叶うようになりました。

また、店舗の内装から看板設置まで企画・提案できるのも内装設計や、看板を専門に取り扱う会社が下請け・孫請けとして扱う専門職の方との横のつながりがあるためです。そのため「自分のところで作っているわけじゃなのになんでこんなに安いの?」と驚かれる事が多々あります。

単体のデザインでは、作業量に対する安さというのは中々見出してもらう事ができずらいため、トータルでプロデュースした時の安さを実感していただきたいと思い、集客で最重要の「看板」に特化したコンサルティングを行うようになりました。

絶対潰させない!

繁盛店から学んだ共通のメソッドを
多くのお店で実践して欲しいという願い

統計にもあるように新店舗というのは2年で約50%のお店が潰れます。そのため関わる以上は絶対潰させないという思いで、必要なもの・必要のないものを提案しながらデザインという立場で行なっていました。

様々な店舗とお付き合いして行くうちに、打合せに行った時に繁盛する店、繁盛しない店がわかるようになりました。繁盛するお店に共通するメソッドがあるのですが、お客様の欲しいものを制作する・予算に合わせて制作するだけでは、集客効果を最大限に発揮することができず歯がゆい思いもしてきました。

看板の集客効果は様々な宣伝と比べ圧倒的に即時性が高く、その上お店が営業し続ける限り効果が続くものなので費用対効果は絶大です。繁盛看板!にかかる費用も、ほとんどのお客様は2〜6ヶ月で増加した売上で回収されています。

繁盛看板ご注文の流れ

まずはメールで
無料相談

下記のボタンからお問い合わせください。
その後、自動配信で届いたメール宛に店舗周りや店内のお写真などを添付してください。
メールにて簡易的なご提案をさせていただきます。
後日お電話で直接ご要望などをお伺いいたします。

繁盛看板!無料診断のお申込み

飲食店繁盛看板

 

店舗検証

お電話で確認後・ヒアリングの日取りを決めて店舗へ赴きます。
専門家による徹底した顧客視点でお店を現地調査いたします。これにより現状のお店の視認性の問題点が浮き彫りになります。
(こちらから有料となります 資料制作費・現地調査費・交通費)

飲食店繁盛看板

 

問題点の
改善案を提示

資料をお渡しし、資料を元に歩行者の目線で確認しながら改善点をご報告します。この時点ではご予算に縛られない考えでご提案するため必要なもの、その優先順位をご説明させていただきます。

飲食店繁盛看板

 

お見積り

お見積を提示いたしますので、導入をご検討いただきます。
なお、お見積りは最安値でご提案できるよう調整していますので、品目を減らすと単価がかわるものもございます。また、メニュー表・チラシ・DM・集客ホームページなども同時にご注文いただく事で安くご提供できます。
(同時進行で打合せ・制作に関するコストを圧縮できるため)

飲食店繁盛看板

 

繁盛看板の制作

集客に徹底したプランニングでデザインを行います。効果をあげていただくためのノウハウを駆使したデザインとなりますので、店舗検証でご提示した箇所に多業者で設置しても、残念ながら同様の結果は得られません。

飲食店繁盛看板

 

施工・設置

調査・デザイン設計・施工まででお手伝い可能です。

飲食店繁盛看板

 

効果検証

設置前設置後の1ヶ月間や、昨対比の客数や売上などを測定いたします。

繁盛看板!無料診断のお申込み

 

関連記事

  1. 枠に収まるよう施工た盤面を貼り付け完成です
プラン 最近の記事
  1. 東京・神奈川の看板制作
  1. パンフレット・チラシ制作江隆園
  2. 枠に収まるよう施工た盤面を貼り付け完成です
  3. ポイントカード製作
  4. Facebook
  5. 赤のチカラ

    2017.12.21

    赤のチカラ

制作事例

  1. 漫画・イラスト制作|メンズ・週刊ファッション情報・掲載
  2. おせち料理折込チラシ
  3. 飲食店A4リーフレット製作・印刷
  4. かいんどリーフレット製作・印刷
  5. 漫画・イラスト制作|メンズ・週刊ファッション情報・掲載
  6. 漫画・イラスト制作|メンズ・週刊ファッション情報・掲載
  7. 江隆園チラシ制作・印刷
  8. 居酒屋おーるすたあずメニュー表看板製作

最近の記事

  1. パンフレット・チラシ制作江隆園
  2. 枠に収まるよう施工た盤面を貼り付け完成です
  3. ポイントカード製作
  4. Facebook
  5. 赤のチカラ

    2017.12.21

    赤のチカラ
PAGE TOP